So-net無料ブログ作成
検索選択
地域ネコ ブログトップ

ちゃんと考えなくてはいけないこと [地域ネコ]

みなさん、こんばんわ。
昨日はアレでコレだから更新しますYO!とか言っておいて、アレでコレだったため更新できなかったアナーキーかおりです^^;

アレでコレというのは……。
昨日、9月22日は私の20回目のお誕生日でした~^^v
去年も20回目って書いたけど、今年も20回目のお誕生日です。
残業中に、サプライズお誕生日パーティーがあって、ケーキを戴いちゃったりw
残業後、仲の良い子たちとお寿司に行ったり(ちなみに自腹^^)
とっても楽しい20回目のお誕生日でした♪

 

さて。
今日は秋晴れの気持ち良い休日でしたね。

DSC03509 (2).JPG

ふぶきの夕方散歩では、こんなにきれいな夕日がw

で。
夕日をバックにした白い犬って、絵的に良くね?とか思って写真を撮ったんですが……。

DSC03495 (2).JPG

当たり前だけど逆光だし。
オヨダ泡がついているし@@

 

久しぶりの晴天だったので、ふぶきの散歩は朝も夕方もちょっと長めにいきました。
そしたら…。

先日行方不明になったかもって書いた子ニャンですが、水路を隔てた公園のほうにいました。
この公園、今までいた場所と陸続きではないので、車がビュンビュン飛ばしている道路に一度出て移動するしか方法がありません。
右目がないという大きなハンディがあるのに、あの道路を超えたと思うと怖くてたまりません。
無事で良かったよ……。

子ニャンは、同じ位の大きさの子ニャンと一緒にいました。

DSC02905 (2).JPG

一緒にいたのはこの写真の、向かって右側の子。
この子はとっても警戒心が強くて、そばに行くとすぐに逃げてしまいます。
とっても可愛い子なので、暖かいお家と優しい家族を見つけてあげたいんですが…。

そして片目のない子ニャンですが、とっても人懐っこい子です。
写真を撮っている私の足元に来て、体をスリスリしてきました。
ふぶきと一緒にいるのに、ふぶきのことも全く怖がらず、ふぶきにもスリスリしてきて。
人慣れしているところを見ると、飼われていて捨てられたのかも知れません。
捨てられてから目を失ったのか、それとも飼っている時に目を失くしたので、捨てたのか……。

DSC03457 (2).JPG
今日新たに出会ってしまった、ニャンコファミリー。後ろの白ちゃんがお母さん。

こんなに人懐っこい子ニャンなので、お家が見つかったらすぐに慣れてくれると思います。
で……。
ここにきて問題がひとつ浮上しちゃいました……。

この子ニャンを保護して病院に連れて行き、里親を探そうと思っていたのですが、両親から待ったがかかってしまったんです。
それと言うのも、タイガとふぶきが未だ仲直りしていなくて、タイガがめちゃくちゃピリピリしているから…。
今、この状態で子ニャンを保護したら、タイガのピリピリはもっと酷くなるだろうって。
この子を保護する限り、里親が見つからなかったら家で飼うことも前提にしていました。
でも、この子の場合、目のこともあるので、多頭飼いは向かないかも知れません。
この子のハンデを受け止め、この子だけを愛してくれる家族でないと、この子自身も幸せになれないかも知れません。

DSC03453 (2).JPG
この子も上のファミリー子供のようです。

なんかね……。
この子ニャンを見ていると、胸が痛くなってきます。
とっても人懐っこくて、無邪気にジャレついてきて。
この子はきっと外の世界では生きていけないと思います。
なのにこの子を外の世界に置き去りにした人が、もしかしたらいるんです。

どんな理由があるにせよ、捨てたり保健所に持って行くのは、正しい行為ではありません。
捨てられた、保健所に持ち込まれた犬猫の、澄んだ瞳を見て、何も感じないんでしょうか。
辛いです…。

 

 

 

ランキングに参加しています。
応援ポチお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ     にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

 

おまけ♪

今日のおめざ★

DSC03445 (2).JPG

 

 

続きには、今日撮った子ニャンの写真があります。
かなり近い距離で撮っているので、眼の状態がはっきり解ります。
胸が痛くなる写真ですが、出来れば見てください。
一生懸命生きている子ニャンを、眼をそらさず見てください。

 

ハンデを抱えた子ニャンの写真


nice!(20)  コメント(20) 

途中経過 [地域ネコ]

みなさん、こんばんわ。
東京メトロの某駅に貼ってある、イソノ家2008のでっかいポスターを見て、タラちゃんの名前が「タラオ」だということをしり、軽くショックを受けているアナーキーかおりです。
タラちゃんって「イソノタラ」じゃないんだね…タラオなんだね……。

 

 

さて。
先週お伝えした、公園で出会った子ニャンの続報です。

DSC03430 (2).JPG

この子の右目、完全に潰れているようです。
大きなハンデを抱え、野生で生きていける可能性はかなり低いので、公園ニャンズに餌やりをしてくださっているご婦人方と協力して、子ニャン捕獲作戦を展開中です。
が……
本日、まだ捕獲には至っていません(T_T)

しかも。
平日は会社があるので参加出来ない私なので、今日は腕まくりして現場に向かったところ…。
子ニャン、行方不明に!!

今までいた場所にいないんです。
この子ニャンと兄弟と思われる子ニャンズ2匹は、かなり離れた場所で暮らしていますが、そこにもいません。
誰かが保護してくださったのなら良いのですが……。

この子ニャンのいる場所は、タイガが生まれた場所でもあります。
この近辺にいるニャンコたちは、えさやりをしてくださっているご婦人が、保護して避妊または去勢手術を受けさせ、もといた場所にリリースしてくださっています。
だから最近は新顔が現れることもなかったのですが……。

今回子ニャン保護作戦を開始して、たくさんの新顔を出会ってしまいました@@
前からいた子たちは、生殖機能がありません。
と、いうことは。
誰かが捨てに来ているようなんです。 

DSC02905 (2).JPG
この写真から、水路を隔てたもうひとつの公園に住むニャンズ。

水路ひとつ隔てて、同じような公園があるのですが、そこのニャンズたちはいったいどれ位住みついているのか、数えられない状態です。
保護して手術を受けさせてリリース。
次の週には新顔に遭遇。
また保護して手術をうけさせてリリース。
その次の週には新顔に遭遇。
と、エンドレス状態です…。

DSC02403 (2).JPG

ひとと一緒じゃないと生きられない彼らを、外に放置する人間の気がしれない。

どういう理由で放置したのか。
この子たちが外で生きられると思ったその理由は何なのか。

放置した人が私の目の前に現れたら、全員に聞いていきたいです。

DSC02402 (2).JPG

私の知り合いが「捨てられるなら幸せじゃない?飼い主の手で保健所に送られる犬猫もいるんだから」と言いましたが、どっちが幸せなんてことはなくて、どっちも不幸じゃない?

私はタイガと一緒に暮らすまで、猫は犬と違って、ひとり外の世界で生きていける動物だと思っていました。
でもタイガと一緒に暮らして、外の世界で生きていくなんて、出来ない動物だと思いました。

ひとのそばが好き。
くっつかれるのは嫌だけど、自分からくっつくのは好き。

そんな猫が、ひとりで生きていけると思ったアホたれに、一言いってやりたいです。

DSC02277 (2).JPG

着のみ着のままお金も持たず、公園で暮らしてみろ!と。
雨や風をさえぎるものは、公園の草木だけという状態で、生活してみろ!と。
誰ともしゃべらず、誰とも接触せず、たったひとりで生きてみろ!と。

たった1週間でも生活できませんよ。

犬や猫を捨てるひとたちへ。

外に放置したり、保健所に連れていく前に、良く考えろ!
自分が同じ運命にあったらどうするか、どう思うか。
あなた達がやっていることは、人間同士に置き換えたら立派な犯罪。
犯罪者として生きていく、それで良いのか?

 

ていうか……。
そういうバカたちに、天罰が下れば良いのに。

 

 

 

ランキングに参加しいます。
ちょっと体調が悪くて、最後は毒吐きごめんなせい…。

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ     にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

 


nice!(19)  コメント(17) 

してはいけないこと、しなければいけないこと [地域ネコ]

毎週毎週3時間にも及ぶ水曜日の定例会議が、先週に続いて今日も1時間で終わりました!
奇跡ー!!

と、思ったのですが、先週も今日も、Sマネージャーがアポでいなかっただけという事実が発覚(笑)
Sマネージャー、お願いですから毎週水曜日の18時から、アポを入れてください(懇願)

みなさん、こんばんわ。
会議が早く終わって、早く帰宅出来たにも関わらず、ブログを書く時間はいつもと同じというアナーキーかおりですw

DSC02039 (2).JPG

家人の帰宅に全く無反応のふぶきが、今日は珍しく玄関までお迎え。
その後はずーっと私をストーカー^^;
さっきようやく、父に押しつけバトンタッチをして、PCの前に来ました。

さぁブログの更新♪と思っていると、今後はタイガ姐さんが膝の上に乗ったり、腕にスリスリしたり…
あぁ…今日はストーカーふぶきの日と、超珍しいタイガ姐さんデレの日が重なってしまったのね…(涙)


さて。
今日、帰宅すると、ネットで頼んだ書籍が届いていました。

ジュルのしっぽ

ジュルのしっぽ

私の一番好きな、そして尊敬するブロガーさん、hana*さんのブログ「ジュルのしっぽ」の本です。

元野良ネコ・ジュルちゃんと、hana*さん、旦那さまの、考えさせられ、そして心温まるブログ。
hana*さんと旦那さまは、ジュルちゃんをお家の子にした事から、野良ネコの保護活動を始められました。
ご自宅の近くにいる野生ネコのうち、メスに避妊手術を受けさせ、そして元の場所にリリースする。
文字にすると簡単そうに見えて、根気のいる活動です。
そしてもうひとつ、パブリックコメントの提出、陳情書・請願書の提出もされています。
実際に、hana*さんが出したパブリックコメントにより、東京都の動物愛護推進計画において、ネコの譲渡率目標があがったそうです。

DSC01710 (2).JPG
海浜公園の野生ネコたち

野良生まれのタイガを家の子にしたということもありますが、hana*さんのブログに出会ったことにより、海浜公園の野生ネコを地域猫として認めて貰うという活動を始めました。
今はまだ一進一退で(あまり進んでいませんが)区・市・県に対して、地域猫として認めてほしいという嘆願書を送り続けています。

DSC01707 (2).JPG

地域猫の活動についての記事をUPしたことにより、皆さんから貴重なご意見をたくさん頂きました。
でも、悲しいかな私はサラリーマンです。
月から金まで会社に行く身なので、保護団体を作ったり、HPを立ちあげて呼びかけたりという活動は出来ません。
やりたい気持ちは大きいのですが、土日しか動けないので、もし保護団体を作ったとしても中途半端になってしまいそうな気がするのです。
だから、今はひとりでも出来る活動、行政への呼びかけに力を入れています。

DSC01322 (2).JPG

正直、難しいこと、凹むこと、もうやめようかな…と弱気になること、たくさんあります。
その度にジュルちゃんのブログ「ジュルのしっぽ」を読んで、勇気をわけて頂いています。

DSC01321 (2).JPG

ひとりの力は小さいけど、何もやらないより、自分で出来る何かをやった方が良い、そう思います。

野生ネコたちへの餌やりだったり。
捕獲して避妊手術をうけさせることだったり。
保護して里親を探すことだったり。

出来ることはそのひとによって違うと思います。
でも何もしないで「かわいそう」と思うより、「何か」をした方が絶対に良いと思うんです。

DSC01386 (2).JPG

厳しい環境の中、生活せざるをえない彼らのためにも―

DSC01507 (2).JPG

本当は暖かいお家で、優しい家族と一緒に暮らしたいのに、星の巡りあわせで過酷な環境で暮らす彼らのためにも―


11587097.jpg
青山にいた、野生ネコの兄弟

それが、彼らから暖かい家を奪い、優しい家族を奪った、私たちヒトの責任だと、そう思うのです。


ひとりでも多くの野生ネコが、虹の橋を渡るその日まで、暖かい家と優しい家族に巡りあえれば。
不幸にも新しい家族と巡り合えなかった子でも、ほんの少しかも知れないけれど、今よりも良い環境で生活出来れば。

DSC01832 (2).JPG
野生ネコのみんなに、このタイガのようなあどけない寝顔を見せられる家族が見つかると良いのに。

きっとヒトの手によって捨てられたのであろう、クラッシックシルバータビーのアメショのお母さんから生まれ、短い間でも過酷な環境で生きていたタイガのためにも。

タイガが家に来て幸せだったのかは解らないけど。
それでも穏やかな顔をして、無防備な寝姿を見せてくれるタイガを見ていると、ひとりでも多くの野生ネコが幸せになることを願ってやみません。

 

 

ランキングに参加しています。
応援ポチ、とっても励みになります。ありがとうございますm(__)m

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ     にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

 

 

 

 

追記

上記のブログ書籍「ジュルのしっぽ」ですが、書籍の売り上げの一部を保護活動をされているNPO団体さんに寄付される仕組みになっています。
(ちなみに執筆者の*hanaさんは、ご自分に入る印税の全てを寄付されるそうです)
野良ネコ、野良イヌの問題についてどうにかしたいと思っているけど、何をしたら良いのか解らない、そんな方がいらしたら、ぜひ「ジュルのしっぽ」を購入してください。
あなたが本屋さんに支払ったお金の一部で、野良ネコ、野良イヌを救う事ができるのです。

そして地域猫として認められていない、野生ネコにご飯をあげていらっしゃる方にお願いです。
彼らを地域猫として認めてもらうために、ご飯をあげたらそのままにするのではなく、食べ残しは持って帰ってください。
排泄物を見かけたら、取ってください。
「野良ネコ、野良イヌがいるから公園が汚れた」「カラスが居着くようになった」など、苦情の出ないようにしましょう。
それが地域猫への大きな一歩にもなるから。

 

 

まけ♪

明日の予告?

DSC00289 (2).JPG

タイガ姐さんの自主的なダイエット、未だ継続中(号泣)

 

 

最後にもう一言だけ―
反対意見の方もいらっしゃるのは承知しています。
私は反対意見をお持ちの方を、全否定する気持ちはありません。
その方たちはその方たちで、何かしらの被害をうけた経験がおありだと思うから。
でも、野良ネコ・野良イヌのきっかけを作ったのは、私たちヒトであること、それは変えられない事実です。

注☆私はhana*さんの知り合いでもなければ、この本を勧めるよう言われたわけでもなく、また出版社の人間でもない、それを理解した上で読んで頂けると幸いです。
私が書いた事については、私にコメントをお願い致します。
hana*さんはこのブログの存在自体ご存じないので、彼女に迷惑が及ぶような行為はやめてくださいね。


nice!(14)  コメント(11) 

寒い冬の野生ネコたち [地域ネコ]

最近、NHK教育テレビの「ピタゴラ・スイッチ」が超お気に入りのアナーキーかおりです。
明日夜から関東地方も雪になるかも・・・ですってよ!
月曜日の通勤・通学の足に影響が出るかもしてません…ですってよ!!
月曜日から社長が佐藤浩市似の会社で勤務スタートなのに…

今日は通常ブログに行く前に。
頂き物紹介~♪

 

大好きな猫ブログ、「ねこと暮らせば」様にて、狙って^^700nice!踏みっとしました~♪
お家ネコの茶トラの美人ネコ・みかんちゃんと、長毛三毛ネコの可愛いチョコちゃん、手先が器用なオトコノシト(笑)mitsuさまのブログです。
外猫ちゃんのお話もあります。
とっても優しいイラスト、そして家ネコちゃん、外猫ちゃんに対するmitsuさまの優しくて温かい思いがいっぱいつまった素敵なブログです。
mitsuさん、お仕事大変そうですが、頑張ってくださいね。
ありがとうございました~♪


さてさて。
最近あまり書かなかった野生ネコたちのことです。

寒くなってきて、野生ネコたちは辛い毎日だと思います。
ご飯は貰っているけど、暖かいお家がある訳じゃない。
夜には霜柱が立つし、水道管だって凍ってしまう日々。
少しでも暖をとれればと思い、家になったいらないタオルを公園に持って行きました。
ネコたちがテリトリーにしている場所に、2枚ずつ置いていったのですが……

数日後、私が置いたタオルは全部なくなっていて、公園に住んでいるホームレスさんが持っていた…orz

さて。
以前に写真を載せた野生ネコたちのその後です。


寒くなるまえに、里親さんが決まりましたw
美人でとっても甘えん坊の三毛ちゃん、幸せになってね♪


餌やりをしているご婦人に聞いたら、この子も里親さんが決まったそうです。
とってもヤンチャで、先住猫ちゃんたちを子分にしてしまったそうですよ(笑)


まだ公園に住んでいます。
この子、人懐っこそうに見えて、去勢する為に捕まえようとすると逃げるんです…。
こちらに下心がないときは、膝の上に自ら乗るのにね…。頭良いよね…。


この子も里親さんが見つかったようですw
チビニャンだったので、初めて経験する冬が越せるかどうかすっごく心配だったのですが…。
これで一安心。幸せになってねw


まだ公園にいます。
そして……久しぶりに会ったら、子連れでした……
すっごい警戒心が強くて、ご飯をあげているご婦人方でも、近づくと逃げちゃうらしく。
避妊したいんだけどな…


最近会いません。
縄張りを変えたのかなぁ。それとも里親さんが見つかったのか。
最悪のことになっていなければ良いのですが…


この公園、三毛猫率すっごい高いなぁ…
この子たちは公園で元気に暮らしています。
手術したいのですが、やっぱり捕まらない…。
おとり作戦、餌でおびき寄せ作戦、いろいろ試したのですが、捕獲に行った日は隠れて出てこないんですよね。
頭が良いのも困ります…;;

他にもいるのですが、なかなか写真を撮る事が出来ません。
きちんと全員の写真を撮って、手術をしたかの確認、里親さんを探すためのリストを作りたいと思っているのですが。
カメラを持っていない日だと、遭遇率がめっちゃ高いんですよね…(T_T)

もう一か所の公園にいる野生ネコたちですが、 ハチワレちゃんとキジトラの兄弟ニャンは、別々のお宅に貰われていきましたw
現在住んでいるのは、タイガ姐さんの姉妹ネコ、その子供、黒ニャン、の3匹。
低木の中で身を寄せ合って暮らしています。
風邪ひかないようにね。

野生ネコたちの保護活動について、毎回たくさんのご意見、励ましの言葉ありがとうございます。
現在の状況としては、
①行政への呼びかけ(市・区へ手紙・メールの送付)
②餌やりをしている方たちと協力して、すべての猫たちの避妊・去勢手術
この2点をメインに行っています。
とても嘆かわしいことですが、私が住む地域にも活動している愛護団体さんはありません。
個人でそういう団体を作ろうとした方もいらっしゃったのですが、心ない方たちの誹謗中傷の手紙・電話に断念したそうです。
今は個人が協力して、ひっそりと行っています。

いつかこの子たちが地域猫として認められる日まで、頑張っていきます!

以前も書きましたが、タイガは野生生まれです。
なぜこの子が野生ネコに?と首を傾げたくなる程美人のアメショのお母さんと、3匹の兄弟ネコと暮らしていました。
夜になると強い北風が吹き、あられ混じりの雨が降った12月頭。
タイガは家の子になりました。
本当は全員保護したかったのですが、結果的にタイガしか保護出来ず…。
その後、お母さん猫と兄弟ネコのうちの2匹には、暖かいお家と優しい飼い主さんが見つかりました。

もしかしたら、タイガだって今頃は寒い場所で凍えていたかも知れない…。
そう思うと切なくなってきます。

この子たちは好きで野生ネコになったんじゃありません。
きっかけは誰かが捨てたこと。
人間がきっかけを作ったのだから、最後まで責任を取らないといけないと思うんです。

この子たちに罪はないから。
小さな命だけど、かけがえのない命だから。


 

ランキングに参加しています。
応援ポチ、お願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ     にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

 

 

おまけ

たまにはきりっとしたところもね♪


あらやだ、紀州犬っぽいんじゃな~い(笑)


nice!(16)  コメント(12) 

名もないネコとイヌのために出来ること [地域ネコ]

酷い肩こりと、慢性的な睡眠不足の理由が、毎夜タイガがふとんの上に乗ってくるからだと気づいたアナーキーかおりです。
こんばんわ。


現在のタイガ姐さん。今日の私の立派なお尻の椅子における専有面積は3センチ…毎日空気椅子状態(T_T)

肩コリにかんしては、それでなくても頸椎が1本足りないので、子供の頃から肩こりに悩まされていました。
なのに……
ていうか、今年からですよ。
タイガが毎晩私の部屋で寝るようになったのって。
それまでは父の部屋が好きだったくせに…。
あ、もしかして、父ってば、寝言もハタ迷惑なのか?(^O^)

 

さてさて、現在、千葉県、神奈川県、埼玉県、宮城県で「動物愛護管理推進計画素案」について、パブリックコメントを募集しています。

各県の募集要項はこちら
千葉県 神奈川県 埼玉県 宮城県 

私の大好きな、そして尊敬するブログ「ジュルのしっぽ」様で知った私も、さっそく千葉県に要望書を提出しました。

千葉県の「動物愛護管理推進計画素案」では、概ね3つの事柄に対して書かれています。
まず、殺傷処分について。
今のガスを使ったモノではなく、子犬・子猫そして老犬・老猫に対しては、麻酔注射の併用を求めて欲しい。
次に、災害時。
ボランティアの増加、犬猫と一緒に避難できる避難場所の設置および災害復興住宅の建設について。
まだ千葉県のPDFファイルしか読んでいませんが、絵にかいた餅にならなきゃ良いけど…という感じで、具体案が一切書かれていません。
そして地域猫について。
同じくボランティアの育成、増加。近隣獣医師との連携。近隣住民への行政からのパンフレット送付などなど。
これについては、本当に絵にかいた餅状態です。
奇麗な言葉を並べているだけじゃないの?って感じ。
具体案は一切なく、画一的なお役所仕事という感が拭えません。
そんな事をきちんと考えているのなら、海浜公園の野生ネコを地域猫として認めて欲しいという私の手紙に、誠意ある返事が返ってきていた筈。

建前と本音。
本当に腹立たしい。
腹立たしいからこそ、「パブリックコメント」という公のチャンスを利用しようと思います。

こうやって、以前にUPした海浜公園の野生ネコたちの写真を、再度UPしていますが、最近見ない子がたくさんいます。
見かけなくなった子たちは、どこにいったんだろう…。
縄張りを変えたのかなぁ?
それとも私の行く時間に、たまたまパトロールとかでいないだけ?
誰かに貰われた?

そして、今までは見たことのなかった子も増えています。
仔猫だったり、とっても人懐っこい大人ネコだったり…。

みんなが安心して暮らせるように、私も頑張るからね!
これから寒い冬がくるけれど、みんなも頑張ってね。
いつか来る、そして必ず来る春のために。

 

ランキングに参加しています。
ポチッとお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

※このパブリックコメントですが、住んでいる地域のひとしか出してはいけないという決まりはありません。
また、これはネコの問題だけでなく、犬の問題もあります。
不幸な子をこれ以上増やさないために、皆さんのご協力をお願い致します。
 


nice!(10)  コメント(12) 
地域ネコ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。