So-net無料ブログ作成
検索選択
虹の橋の向こう ブログトップ

ずっと一緒 [虹の橋の向こう]

みなさん、こんばんわ。
今朝のふぶきの散歩で、ビックリ映像の撮影に成功した、アナーキーかおりですw

【ビックリ映像】
題名:千葉にもいた!?マーライオン!!

DSC03601 (2).JPG

マーライオンっていうか、チューバッカ(@SW)っていうか…。
この子、地面から2メートル位の高さの壁の上にいます。
どうやって乗ったのか@@
どうやって降りるのか@@

 

 

さて。

毎週日曜日はお馬さんの日ですが、今日はちょっと用事があったので、お馬さんには昨日行きました。
今日行ったのは……。

DSC03607 (2).JPG

ゆきちゃんが眠るお墓の秋季慰霊祭。

去年のお塔婆を燃やし、新たにお塔婆を頂きます。
私、スピリチュアルな物をあまり信じないのですが、慰霊祭の時と命日には、ゆきちゃんを感じることがあります。
ゆきちゃんを感じるというか…。
(ちょっとヤバい話ですが…)

ゆきちゃんが虹の橋を渡って少しした頃から、私の部屋に赤いリボンを首に巻いた白い猫が現れるようになりました。
タイガが来たときも、ふぶきが来たときも、白い猫の気配はいつも感じていましたが、ある日突然、気配がなくなりました。
でもゆきちゃんの命日の1週間程前から命日までと、お墓に行った直後は、白い猫の気配を感じます。
実は昨日の夜も、寝ている時に布団の足元が沈むのを感じました。
タイガはPC用の椅子の上で寝ていたので、「あぁ、来たんだな…」って思いました。

この白い猫の正体は、はっきりとはわかりませんが、きっとゆきちゃんじゃないかなと思うんです。
毎年何回か、私の様子を見に来てくれているんじゃないかなって。
タイガやふぶきが怖がらないように、白い猫に姿を変えているんじゃなかなって。

私、まったく霊感ないですし、そういうのも(怖いので)信じていません。
でも、これだけはゆきちゃんが来ているって確信しています。

10830707.jpg
ゆきちゃんw
ふぶきより一回り小さい(紀州犬女子標準サイズ^^;)優しい顔のべっぴんさんでしたw

今日もお墓にいる時から、ゆきちゃんをそばに感じていました。
いろんな事が思い出されて泣きそうになった瞬間に、ふっと横に寄り添う感覚があったんです。

ゆきちゃんは本当に優しい子でした。
私が精神的に一番落ち込んでいるとき、そっとそばに寄り添ってくれました。
もっともっと一緒にいられる時間は長いって思っていたけど、それはある日砕け散りました。

年に何回かゆきちゃんを感じられる時があって、「あぁ、そばにいてくれるんだな」って思えるんです。
もしかしたら気のせいかも知れません。
それでも私は信じています。
ゆきちゃんがいつも見守ってくれているって。
いつかまた会える日まで。
ゆきちゃんを抱きしめられる日まで。

見守ってくれているゆきちゃんに、恥ずかしくないよう毎日を過ごしていきたいです

 

そして…。

DSC03583 (2).JPG

ゆきちゃんと一緒に過ごしていたからこそ、タイガとふぶきに出会えたと、強く信じています。

DSC03408 (2).JPG

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています。
ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ     にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

 

 

 

おまけ♪

本日のおめざ

DSC03597 (2).JPG

おちりドーン!!!!


nice!(24)  コメント(16) 
共通テーマ:ペット

色褪せない宝物 [虹の橋の向こう]

みなさん、こんばんわ。

DSC02973 (2).JPG

毎日暑いですね…。
夏は大好きな季節だったんですが、最近は苦手な季節になってしまいました。
なんでこんなムンムンムレムレやのん?
もともと肌が弱いんですが、このムンムンムレムレのせいで、なんと!汗疹が!!!
風呂上がりと着替えの時、ベビーパウダーをはたいています♪

えぇ、私、ベビーパウダー臭のするオトナでございます^^v

 

さて。
先日あつこさんのブログ、「
きゅきゅぐまのいちにち」にて、ひとつだけ願い事が叶うなら…という記事を書いていらっしゃいました。
それを読んでいて思いだした事がひとつ。

9139793.jpg
先代紀州犬ゆきちゃん♪4か月のころ。

ゆきちゃんが虹の橋を渡った1年後、知り合いの劇団のクリスマス公演に行きました。
その時やったのが、「奇跡」をテーマにしたオムニバス3本。
その1本が、「犬の恩返し」でした。

主人公の女性が、クリスマスの日に偶然出会った男性。
彼と1日一緒にいて、彼女は忘れていた記憶や、忙しい日々の中で殺してきた感情(優しや弱さ)を思い出していきます。
ラスト近く、彼女は彼に、お祖母ちゃんの家で飼っていた犬の話をします。
学校が休みの時にしか会いに行けなかったけど、犬は彼女の事が大好きで、どこでもいっしょに行こうとしました。
彼女も犬のことが大好きで、一緒に散歩をしたり、こっそり映画館に忍び込んだりしました。
忘れかけていたけど、とっても大切な思い出。
実は彼の正体は、「死ぬ前にひとつだけ願いをかなえて欲しい」と神様にお願いして、人間の姿になった犬だったんです。
「最後の日を大好きな彼女と過ごしたい」と思って……。

私ね、このお芝居を観たとき、涙が止まらなくなりました。
なぜなら、この犬の気持ちが痛いほど解って、それは私が毎日思っていたことだったから。

9139795.jpg

ゆきちゃんにもう一度会いたい。
1日なんて言わないから、半日でも1時間でも良いから、一緒にいたい。
辛い、痛い思いをして虹の橋を渡っていったゆきちゃんに、ごめんねって謝りたい…。

 

今はタイガとふぶきと一緒に暮らしていて、彼女達は私の一番大切な宝物です。
でも、ゆきちゃんは特別な子なんです。
私が一番つらかった時、ゆきちゃんは私のそばに、そっと寄り添ってくれました。
泣いている私のことを、優しく舐めてくれました。
大好きで、大切で、ずっとずっと一緒にいられると、そう思っていました。
だから突然すぎた別れに、どうして良いのか解らなくなりました。

ゆきちゃんとの出会いがなければ、私は紀州犬というのを今でも知らなかったと思います。
ゆきちゃんとの出会いがあったからこそ、紀州犬の虜になりました。
そして…ゆきちゃんとの別れがあったから、今こうして、タイガとふぶきと一緒に暮らしています。

DSC02980 (2).JPG

もしも、ひとつだけ願いが叶えられるとしたら…。

神様、お願いです。
もう一度ゆきちゃんにあわせてください。
ゆきちゃんに会ったら、一緒にお散歩に行って、公園のベンチでいつもやっていたように、マッサージをしてあげたい。
それから並んで海を見て。
その後は、タイガとふぶきと一緒に、みんなでまったりお昼寝も良いね。
お昼寝から目覚めて、その時、ゆきちゃんがいなくなっていても、絶対泣かないって誓うから。
だから神様お願いです。
ゆきちゃんにあわせてください。

 

DSC02929 (2).JPG

DSC02932 (2).JPG
ゆきちゃんも猫が大好きだったから、きっとふぶよりしつこいよ~

 

 

大好きなゆきちゃん。
いつかまた会いたいね。
私がゆきちゃんに会いに行く日まで、待っていてね。
ゆきちゃんが大好きなビスケットとハイジの白パン、それにテニスボールを持って行くからね。

でもね、寂しくなったらいつでも会いに来て良いんだよ。
そしたらぎゅって抱きしめてあげる。
いっぱいいっぱい抱きしめて、次に会う日が来るまで寂しくないように、いっぱい撫でてあげるからね。

大好きなゆきちゃん。
タイガとふぶきのことを、これからも見守っていてね。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。
湿っぽくってすみません…。

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ     にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

 

 

おまけ♪

土曜日、父にお風呂に入れられたふぶき。

DSC02964 (2).JPG

シャンプーハイでめっちゃ笑顔^^;

明日の予告♪

ウフフでアハハな企画発表だよ~♪


nice!(23)  コメント(15) 
共通テーマ:ペット

6回目の冬 [虹の橋の向こう]


こういうアナウンサーいそうなんですけど・・・(^_^;)

こんばんわ、アナーキーかおりです。
昨日の夜は未確認飛行物体に拉致られたわけではないですよぉ。
昨日はちょっとUP出来ない事情があって…。
お芝居を見に行ってめっちゃ遅かったって事もありますが。

昨日は先代ゆきちゃんの命日でした。
色々思い出しちゃって……思い出したらとまらなくて…。
もう6年、早いですね。
最後に一緒に寝たのはクリスマスの夜。
いっぱいいっぱい神様にお願いして、コーヒーも断って……でもゆきちゃんは虹の橋を渡ってしまいました。
26日のお昼、父と母に見送られて、虹の橋を渡って行ったゆきちゃん。
私のそばに残ったのは、元気になったら着けて散歩しようねって買った赤い皮の首輪
今でもゆきちゃんの事を考えると、涙が出てきます。
でもそれは悲しい、寂しい、後悔の涙だけじゃなくて、優しい気持ちになれるんです。


紀州には珍しく、クルリン巻き尾のゆきちゃん♪

ゆきちゃんの好きだったもの。
バターをつけたトースト、ハイジの白パン、ハードビスケットテニスボール、猫
ゆきちゃんの嫌いだったもの。
お風呂、目覚まし時計のピピ…っていう電子音
掃除機と闘うのが好きで(汗)おかげで家にあった掃除機はノズルの部分が歯型でボロボロだった。
お散歩の途中で買い物をしても、じっと大人しくお店の前で待ってた。
人懐っこいんだけど、ふぶきのように誰でもウェルカム♪じゃなくて、嫌いなひとが少なくても3人…
近所の奥様(酷いよね)私の友人、そして私の後輩。
眼鏡かけてる人が苦手だったみたい…。
あと、登山の格好のひとにも吠えてたなぁ。
興奮したり怒ったりすると、背中の毛が三角に立ち上がって。
走るのが大好きで、父との散歩を楽しみにしてた。
ゆきちゃんと自転車散歩、私には無理だった。
植え込みに突っ込んだこと数回、転んでそのまま引きずられたこと数回…。


ゆきちゃん3か月のころ。オチリが恥ずかしー><

我儘で気が強かった。
それでいて、甘えん坊。
一緒のベッドで良く寝たな。
寒い日はお布団の中に入ってきちゃうんだけど、自分が熱くなったら出るから、蒲団に隙間が出来て寒かった^^;
ゆきちゃんが乗ると、脚を伸ばせなくて無理な格好で眠ったり、背中が出ちゃったり…。

初めて飼った紀州犬。
家族みんなを紀州犬の虜にさせたゆきちゃん。
大好きで、とっても大事で、ずっとずっと一緒にいれると思ってた。

でも…ゆきちゃんと突然お別れしたのはとっても辛いけど、あの辛い出来事がなかったら、タイガともふぶきとも出会えなかったんだよね。
もうそばにいることは出来ないからって、ゆきちゃんはタイガとふぶきを私に出会わせてくれたんだろうな。

ゆきちゃん、大好きだったよ。
そしてこれからも大好きだよ。
いつかまた出あえる日まで…
虹の橋の向こう側で、私のことを待っててね。
大好きなビスケット持って会いに行くからね。
そしたらまた一緒に散歩しようね。

 

ランキングに参加しています。
応援ポチ、よろしくお願い致します。

 

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ     にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

 

 

おまけ

視線を感じてふと見ると…


タイガ姐さん、カワイコブリッコ中……

ふぶきさん、私を観察中……

いつも見られてます^^;

 


nice!(14)  コメント(13) 
共通テーマ:ペット

大掃除 [虹の橋の向こう]

こんにちわ、昨夜またしても未確認飛行物体に拉致られ、夜9時から朝7時半までの記憶が一切ないアナーキーかおりです。

昨日は部屋の片づけをしていたんですが、結局終わっていません。
つか、片付けしていた筈なのに、部屋にはゴミの山が出来ました。
で、放置…(-_-;)
後ろを振り向くと部屋の中央右寄りにドンと鎮座するゴミの山に、めちゃくちゃ萎えてます…。

昨日の片づけなんですが、いろいろ懐かしいモノが出てきました♪
(古い雑誌とか見てて、片付け出来なくなることってありますよね?)

ちょっとびっくりなものも出てきまして。
時の移り変わりというものは、残酷だなぁと思わせる一品。
コレがこれ?みたいなヤツ。
という訳で、皆さん心の準備は出来ましたか?
では行きますよ。


どん!


無理やり写真デジカメで撮るという暴挙に出ていますが(^_^;)
これ、私が4歳?5歳くらいのときのもの。
八の字眉毛がポイント♪あと母のめちゃくちゃ時代を感じさせる服が…
小さい時の私は、パステルカラーとかフリフリひらひら系の服が似合う子で、そういうのを良く着ていました。
でも今は……スカートとかふわふわシフォン系の服とか着ると、余り奇麗くないオカマさんにしか見えません…。

 

えっとぉ…本題です^^;
ゆきちゃん、ふぶきと紀州犬を2匹続けて飼っていますが、ゆきちゃんの前には秋田犬を飼っていました。
名前はひかる。
秋田犬らしからぬ、すっと鼻筋の通ったワンコでした(^O^)
めちゃくちゃ甘えん坊で、めちゃくちゃ食いしん坊。
京都のお土産、八橋を箱食いしちゃったり。
父がハワイ土産に貰った煙草を食べたり(そして病院へ)
ベッドを噛んでスプリングを食べたり(そして病院へPART2)
チョコレートを食べて、興奮して寝られなかったことも。
あとは花がつお、1袋完食とか。

可哀想だったのは子ワンの時に、交通事故(低速で走っている車の下に潜り込めたので、怪我はしてないですが)にあったせいか、とっても神経質な子になっちゃいました。
そういえばひかるも雷嫌いだったなぁ…。
ひかるがいた時、私も小さかったので本気喧嘩とか良くやりました(^_^;)

ひかるは癌になり10歳の若さで虹の橋を渡ってしまいました…
しばらくはペットロスで何も出来なくなりました。
ペットとか飼い犬とかじゃなくて、本当に兄弟みたいに育ったひかる。
私が父に怒られると、かばってくれたり。
泣いていると顔を舐めて涙を拭きとってくれたり。
すっごく優しい子でした。
ひかるにとって私は、妹だったのかも知れませんね。

そんなひかるの写真が出てきました♪


これはかなり晩年の写真じゃないかなぁ。
毛の色がかなり褪せているし。
こうして見ると、ひかるも美人さんだったな♪

大掃除って嫌いだけど、こういう宝物が見つかるので楽しいです♪

 

現在の我が家のわんにゃん。


私はゆず湯に朝はいりました♪

泣くほど嫌だったんかい!

今朝、ふぶきをお風呂に入れました。
夜に悲愴な声で鳴き叫ばれるより、朝のが良いかなぁ…と思って(^_^;)
やっぱり悲愴な声で泣き喚きましたが、私の身体的には朝の方が楽ちんかも♪


姐さんはいつもと変わらず姐さんです…^^ 

 

大掃除の続きに戻ります…><
あ、年賀状書かなきゃ!!

 

ランキングに参加しています。
応援ポチ、よろしくお願い致しますw

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ     にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

 


nice!(15)  コメント(23) 
共通テーマ:ペット

ゆきちゃんとふぶき [虹の橋の向こう]

最初の方の記事で、タイガとの出会いは書いたのですが、なかなか書けなかったふぶきとの出会い。
ちょっと長くなるので何回かに分けてになりますが、ふぶきとの出会いを書きたいと思います。

何故なかなか書けなかったのかと言うと、ふぶきとの出会いを書くためには、ゆきちゃんとの別れを書かなくてはならないから。
ふぶきがそばにいても、やっぱり未だ辛くて。
いまでも時々思い出しては泣いちゃうことがあります。
ゆきちゃんとの別れ、ふぶきとの出会い―書こうか書くまいかずっと悩んでいたのですが、ちょっとしたキッカケが出来たので書こうと思います。

キッカケとは、ゆきちゃんが眠るお墓から届いた封書です。
来週の日曜日は、ゆきちゃんが眠るお墓の秋季慰霊祭です。
ゆきちゃんが虹の橋を渡って、12月が来たら6年になります。
あっという間の6年…でもゆきちゃんとの思い出は色褪せず、宝物として残っています。

以前も書きましたが、ゆきちゃんは我が家の3代目ワン、そして初めての紀州犬でした。
2代目のひかる(秋田犬)が虹の橋を渡って3年後、犬のいない寂しさに耐えられなくなった私たちが迎えたのがゆきちゃんです。
私は紀州犬という犬種は、ゆきちゃんを飼うまで知りませんでしたが、若い頃山登りが趣味だった父は、大台ケ原の山小屋で出会った紀州犬に魅せられ、いつか飼いたいとずっと思っていたそうです。

ゆきちゃんはお腹の弱い子でした。
ちょっと食べすぎるとピー、食べ慣れないものを食べるとピー…。
それにお肌がピンクだったせいか、とってもとっても肌の弱い子で、季節の変わり目はいつもカイカイになっていました。
でも特に大きな病気もせず12歳になりました。
その1年位前から、軽い関節炎になりサプリメントを飲んでいたり、白内障になりかけていたので進行を防ぐ目薬をさしたりしていました。
それ以外はとっても元気で、初めて会うひとに12歳というと、「もっと若いのかと思っていました」と驚かれる位でした。
走るのが大好きで、父とのお散歩を楽しみにしていたゆきちゃん。
そんなゆきちゃんの体調が悪くなったのは、2001年12月のことでした。
12月に入って直ぐ、ゆきちゃんの食欲が落ちていることに気付きました。
食欲が少し落ちていましたが、朝ご飯のときには、必ず母の横でパンを貰っていたし、ゆきちゃんはもともと食の細い子で、ご飯を食べない時が月に何度かあったので、特におかしいとは思いませんでした。
ですが、そのうち、ゆきちゃんは食べた物を吐くようになりました。
2、3日は様子を見ていたのですが、やっぱりご飯を吐き戻してしまう。
おかしいから病院に連れて行こうという事になりました。
忘れもしない12月14日―その日はあいにく日曜日でした。
主治医のM先生は日曜日は休診(あとから電話をすれば診てくださることを知りました…)
それにM先生のところまでは車で15分位。
もし長引くようなら毎日は連れていけないので、自宅から歩いて5分のところにある病院に連れて行きました。
後から知ったことですが、ゆきちゃんを連れていった病院は、ヤブとして有名なところでした。
そんな事、その時は知る由もなく、家から近い、日曜日もやっている―それだけの理由で連れて行ってしまったのです。

病院へは父と私が行きました。
体重を測り、聴診器で胸の音を聞き……なんと医者は「尿を取ってきてください」と言いました。
血液検査は?と思ったのですが、初めて診てもらう医者だったので、私も父も血液検査の言葉を飲み込み、言われた通りに翌日、尿を持って行きました。
すると医者は「風邪ですね」と診断。
栄養剤の注射を毎日射ちに来るよう言いました。

5日ほど経ち、全く病状は回復しない、そればかりか日に日に病状が悪くなってきていることが、素人目から見ても解る。
その時になって初めて、医者は血液検査をしました。
検査の結果、ゆきちゃんは急性腎不全にかかっていることが解りました。
毎日注射を射ち、それでもゆきちゃんはどんどん弱っていく。
外でしか排便をしない子だったので、朝と夜の2回、私と父がゆきちゃんを抱いて近くの公園まで行き、公園の芝生で用を足させていました。
芝生の上ではヨロヨロとですが、歩けていたゆきちゃんが、そのうち歩けなくなりました。

12月25日夜。
それまでゆきちゃんは1階の居間で、母と一緒に寝ていましたが、その日の夜は私も一緒に寝ることにしました。
ゆきちゃんは寝ていてもずっと苦しそうに「うう…うう…」と言っていたのですが、身体を撫でてあげると大人しくなるので、母と私は変わりばんこにゆきちゃんの身体を撫でていました。
そして夜中―
異様な匂いで眼が覚めると、ゆきちゃんが寝ているお布団の上で排便をしていました。
今まで絶対にそんなことをしなかったのに。
便を拭いてあげていても、ゆきちゃんはスヤスヤと眠っている。
その時頭の片隅で、あぁ、この子はもうダメなんだ…と、私は思っていました。
腎不全という病気は、最期は脳に毒素が回り、本来の自分を失ってしまう事があるそうです。
最後の数日間のゆきちゃんは、まさしくこれでした。
だから余計に、私はゆきちゃんの最期が近いことを覚悟しました。

翌朝、父と母に、今日は病院には連れて行かないが良いかと言われました。
病院で射つ注射は、延命治療に過ぎない。
こんな状態になって、それでも延命治療をするのが、本当にゆきちゃんにとって良いことなのか。
私は迷わず「良いよ」と言いました。
これ以上苦しむ姿を見たくない。
苦しんで苦しんで、それでも生き永らえさせて―治る見込みがないのに、苦しみだけを伸ばすのが、ゆきちゃんにとって良い方法だとは思えなかったのです。

そして12月26日12時15分。
仕事中の私の携帯に、母からの留守番電話が入っていました。
「ゆきちゃんが今息を引き取りました」

その時の私の気持は、そうか…という、気の抜けた状態でした。
涙も出なければ、辛いとも思わない。
感情が欠落したような状態でした。

ですが仕事を終えて帰宅途中、最寄駅に降り立ち、家までの道のりで、私はボロボロと泣き続けました。
家に帰って見たゆきちゃんは、父に身体を奇麗に拭いて貰い、まるで眠るような顔をしていました。
ゆきちゃん―呼んだら眼を開けるような気がしました。
でも、触れたゆきちゃんの身体は、魂のない抜け殻でした。
私はゆきちゃんの身体を撫でながら、ごめんね、と何度も言いました。

苦しい思いをさせてごめんね。
M先生に連れていけば良かったのに、ごめんね。
最期の時に一緒にいてあげれなくてごめんね。

12月27日、午後3時にゆきちゃんは火葬される事が決まっていました。
私は午前中のアポだけ片付け、午後半休してお墓に行きました。
祭壇ではゆきちゃんがお花に囲まれて眠っていました。
いつも使っていたカラー、リード、ハーネス。
大好きだったビスケットと、パン。
そしてテニスボール。
堪えきれずにゆきちゃんの名前を何度も呼びながら、私は泣き崩れてしまいました。
その時、霊園の方が、「いっぱい泣いて良いんですよ」と、おっしゃってくださいました。
いっぱい泣いて、そして、いっぱい楽しかったことを思い出してあげてください、と。
そしてこうも言ってくれました。
「早く新しい子を見つけてください。新しい子を飼うのは、死んだ子を忘れるためじゃないんです。可愛がられたペットは、飼い主さんが悲しむのを見るのが何よりも嫌です。だから死んだ子の事ばかり考え、いつまでも泣いていると、その子は成仏出来ません。だからその子のためにも、新しい子を早く迎えてあげてください」

私はゆきちゃんの容体が悪くなった頃、大好きなコーヒーを絶ち、願を掛けていました。
ゆきちゃんが良くなりますように。
でもだんだん、願いは違う方向に行きました。
ゆきちゃんが治らないのなら、どうかゆきちゃんを生まれ変わらせてください。そしてまたゆきちゃんと出会わせてください。

ゆきちゃんが虹の橋を渡って半年後、私は両親に言いました。
「もう一度紀州犬を飼おう」
そして私と両親は、生まれ変わったゆきちゃんを探すことになりました。


その時から私とふぶきは出会う事になっていたのかな…。 

<続く>

長い上に辛気臭い話でごめんなさい・・・。
やっぱり書いていて辛くなります。
何度も何度も涙で書けなくなりました。
もっともっとゆきちゃんと一緒に居たかった。
でもそうすると、タイガともふぶきとも出会えなかった。
運命って本当に不思議ですね。

 

ランキングに参加しています。
応援ポチ、よろしくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ      にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ 

 

今日のタイガ


やっと…やっと…やっとぉ!!!
キャリーの中に入りましたー!!今もキャリーの中で寝ていますw

******************************************************

緊急里親募集!

ろきさんの今日もやってます」のろきさんが保護された子ニャン。
タイガ嬢の子ニャンの時と瓜二つの子です。
この子を生涯大事に、そしていっぱいの愛情を注いで、家族として可愛がってくださる方。
ぜひよろしくお願い致します。

 

雑種(キジトラ)
女の子 生後2〜3ヶ月 体重1300g 
一番のチャームポイントは 人懐っこさです!
獣医の先生にもすり寄って行く大物さ!(笑)
現在左目の具合が少し良くないので 点眼点鼻薬を使用しています。
左目に深い傷があり。
左目の傷に付いては今週末、動物病院にいって診察をしてもらう予定です。(詳細はその後)
引き渡しは血液検査がクリアとなり、ワクチン接種後となります。
(風邪の具合が良くなり左目も完治後、2週間後に実施予定です。)

応募資格
千葉県近県に済んでいらっしゃる方。
猫を飼う環境が整っている方。
どんな事があっても、最後まで面倒を見てくれる方。
と、します。 よろしくお願いします。

以上、「ろきさんの今日もやってます」より。

 


nice!(7)  コメント(16) 
共通テーマ:ペット

思い出 [虹の橋の向こう]

昨日は帰宅が終電。今日は帰宅がこの時間。
とってもハードな1週間でした。 
あした、明後日はふぶきとタイガのお世話に明け暮れるのでしょう…。
なんか最近、サラリーマンのお父さんの気分(^_^;)
遅くまで残業、疲れて帰ってきて、土日位ゆっくり寝たいと思っていても、朝早くから子供に起こされる…みたいな。

いつでも会える

いつでも会える

みなさん、この本、ご存じですか?私の大好きな1冊です。
この本、何度読んでも涙が出ます。そして読み終わると暖かい気持ちになれます。
初めて「千の風になって」を聴いたときも、涙が出て、そして暖かい気持ちになったっけ。

実はこの本、先代ゆきちゃんが虹の向こうに旅立った後、何度も何度も読み返した本です。

ゆきちゃんは、私たち家族が初めて飼った紀州犬。
ふぶきより頭一個分くらい小さかったかなぁ。
とっても女の子らしい、美人さんでした。
3か月で我が家に来たゆきちゃん。

ちょっと我儘で、気が強かった。
肌がピンクだったせいか、季節の変わり目はカイカイにすぐなっちゃって。
お腹が弱くて、ちょっと食べすぎたり、食べ慣れないモノを口にするとピーになっちゃって。
ネコが大好きで、ネコパンチをされてもネコが大好きで。
散歩の途中でネコに会ったら、ネコの方に行こうと必死になった。
TVでネコの鳴き声がすると、ひゅんひゅん鳴き出した。
「起こしてきて」って言葉が解る子で、「お父さん、起こしてきて」というと、二階の父の部屋へ行き、顔をべろべろ舐めて起こしていた。
パンが大好きで、毎朝母の隣でパンを貰っていた。
パンはバターのついたトーストが好きで、それ以外だとペッと口から吐き出したり、そっぽを向いたり。
姉が嫁いだ次の日から10日位、毎日姉の部屋を覗いて、クンクンさみしそうに鳴いてた。
私が一番落ち込んでいる時に、ずっとそばに付いていてくれた。
ほんとにそっと寄り添う感じで。

あ…だめだ。泣けてきた…。


なんか最近、ゆきちゃんのことをよく思い出します。
ゆきちゃんは12歳と11か月で虹の橋を渡りました。
急性腎不全。本当にあっという間の出来事でした。
突然食べたものを吐くようになって、主治医のM先生ではなく、家の近くの病院に連れていったのが間違いだった。
血液検査もせずに、尿検査だけ。
風邪と診断されて、注射と薬のみで5日間。
一向に良くならない。そればかりかだんだん弱っていってるのが解る。
そこで初めて血液検査をして、腎不全だと解った。
もっと前に血液検査をしてくれていたら。
それよりも、いつものようにM先生に診せていたら。
後悔ばっかりが頭を過ります。
ゆきちゃんは私たちと一緒に暮らして幸せだったのかな・・・。
苦しんで苦しんでそして虹の橋を渡って。
私たちのこと恨んでいるんじゃないのかな・・・。

そんな事を考え、とっても辛かった時に、「いつでもあえる」を読みました。
そう、眼を閉じればゆきちゃんはそばにいます。
ふぶきと一緒に、ゆきちゃんはそばにいる。
たまにふぶきがゆきちゃんのような素振りを見せる時があって、そんな時は「あ、ゆきちゃん、いるんだな」って思います。

ゆきちゃんを亡くした時、ペット霊園のひとに、「新しいパートナーを飼うのは、亡くした子を忘れるためじゃなくて、亡くした子を安心させるため」と言われました。
ワンやニャン、可愛がっていたペットたちは、飼い主が泣いたり、不幸になったりするのが何よりも嫌。
だから自分と同じ位の愛情を注いであげるパートナーを、飼い主に早く見つけてほしいと思っているのだそうです。
もう自分はそばにいれないけど、新しいパートナーが自分に代わって、飼い主の事を守ってくれるから。

ゆきちゃん、私は元気です。
やっぱり今でもゆきちゃんの事を思い出して、泣いてしまう事もあるけど。
ふぶきとタイガと一緒に、元気で頑張ってます。
でもね、ゆきちゃん。
やっぱりもう一度だけゆきちゃんに会いたいよ…。

 

なんか湿っぽい話題ですみません m(__)m

ランキングに参加しています。
ぽちりとよろしくお願い致します。


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ    にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

 


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット
虹の橋の向こう ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。